<ラグビーW杯速報>日本、アメリカに快勝し3勝で有終の美!

動画を撮れずに動画で稼ぐ!
YouTubeフルオートシステムで日給2万円

===================

<ラグビーW杯速報>日本、アメリカに快勝し3勝で有終の美!

ラグビーのワールドカップ1次リーグBの最終戦、日本対アメリカが12日、グロスターで行われ、日本が攻略に渡ってアメリカを倒れ、28-18で快勝した。すでに勝ち点で南アフリカ、スコットランドに届いたかず、1次ランキング上位2チームに付与される準決勝進出をみせないことが決まっている、、モチベーションを落とすこと、、大会前の目標としてもって3勝目をマークした。日本は、3次で3勝を挙げようベスト8に進出できない初のチームとなり、南アアアの世紀の番狂わせに続け、“最強の敗者”という新しい歴史をワールドカップに記した。

試作前に決まっていた1次リーグ敗退。だが、日本のアメリカ戦にかけるモチーフ高かった。
「両チーム共に決勝トーナメントへはいけないが、プライドの戦いだ」
エディ・ジョーンズHCの言葉が、この検定の意義を如実に表していた。

アメリカは、大敗した南アフリカから中3日での試みとなったが、その南アジアでは、主将のワイルズを温存するなど、対日本戦に焦点を合わせてきていた。たパワーだけでなく、7人制ラグビーのようなスピードも備え付け。

に対する日本は、参加最年少のWTB、藤田(早大)と、CTB、ウイング(神戸製鋼)の2人を初テーマに送り出した。前半5分にマキシナティックの公式に許可が、、ラインの裏へ抜けた小野が、ゴール前のスペースを狙ってキックで、ゴロを転がす。そのボールを藤田が好きでクィープ。今度その2年後に、日本が流れるような美しいトライシーンを見せる。は、左へスピードのある展開でアメリカンフェイスを揺さぶり、最後は松島が、左中間に逆転トライ、ゴールも五郎丸が決まって7-3と逆転に成功した。

日本は体重差のあるスクラムでも主導権を握り、持ち味であるディフェンスにもすきがない。アメリカは、その日本のタックルの早さに戸惑い、焦げから、ミスを連発する。20分に、ラインアウトモールからアメリカが激しくプレッシャーをかけてきた。だが、ホラニが絶妙のディフェンスで反則を誘い、日本ボールのスクラムで変えてピンチを消した。

アメリカも、執拗なピックアップゴーで、タテにじり、じわりと、ボールを動かしながら日本のボールに迫る。スピードある展開でタクズワ・イングウェナが右隅にトライ。ゴールが外れた、、 8-7と逆転を許すが、日本は、直後のリストキックから早い展開で再逆転劇を仕掛ける。

タテへタテへと、ディフェンスを切り裂きながら、ゴール前右中間で、モールをまとめると、その人の塊から一気に崩壊した。最後は抜けてしまった藤田が押さえ込まれた。五郎丸のキックが決着14-8と32分には、五郎丸が、正面だが、距離のあったペナルティキックに成功させ、17-8とゆっくりにリードを広げていく。前半の終了時には、アメリカ国旗の5メトルスクラムから攻撃されるが、懸命のディフェンスで、ゴールラインを許さない。スクラムでも反則を誘発させ、守りでも攻撃されたらゲームは終盤へ。

<引用元:Yahooニュース>

再生回数:1444622910
高評価数: 1 低評価数: 0
検索キーワード:ラグビー w杯

投稿日時:2015-10-12 04:08:30

ビデオID:pD81-2su8ko

投稿チャンネルID:UCIxRO0gGHuycMycMgY8lg_w

ソース元動画はコチラ

Add your comment

Your email address will not be published.