ラグビーW杯開幕まで半年都内も期待する

日本初開催となるラグビーキャップの開幕まであと半年になりました。日本は9月20日の応援戦を東京・調律市の味の素子で、日と日に迫るその時を前に、ファンも街も盛り上がりを見せています。

ラグビーワールドカップ開幕まであと半年に迫る中、活躍が期待される日本代表は2月から町田市や千葉、沖縄で強化合宿に臨んでいます。体力強化や基礎技術の向上をはじめ、選手たちは1、グランドの外では、雨をあとせず、熱心に練習を見学するファンの姿も見られました。訪れたラグビーファンは「ドキドキしています。」を実践を想定したトレーニングを重ねています。すごく楽しいで、ワールドカップを目標に仕事を頑張っている。チケットは取られた。開幕戦行きます」「選16審査と準決勝、決勝の決算、6決勝、合計22試作のチケットをとった」と話すなど、ワールドカップを間近で見ようと、すでにチケットを購入した人もたくさんありました。しし、中には「なかなか見に行きません。」チケットは1試されていないという話す人もいました。

大会チケットは抽選と先着順で販売され、販売されが好調のため、3月になって大会予定が30億円増額されました。1月の先着売りでは日本戦争のチケットが初日に完売しています、5月から再販されるもの、日本戦争は特に注文が殺到することが予想されています。

<チケット入手困難なら…入場無料の「ファンゾーン」>

また、日本戦のチケットが手に入っても、試着の熱や興奮を楽しむ場所ができる予定です。有楽町駅近くの「東京スポーツスクエア」では、、ワールドカップのPRイベントが行われて、大会期間中は試着のパブリックビューイングやラグビーの実験などを無料で楽しむスペース「ファンゾーン」になる予定です。2018年11月の日本代表戦の際に作られた「ファンデーション」は、ワールドカップを見てて有楽町の同じ建物で行われ、多くの人が応援を楽しみました。

都内では有楽町と調布の2カ所に設置されるファンゾーンが、日本初開催となるラグビーの祭典をさらに盛り上げます。東京都・ラグビーW杯会場運営担当の田中愛子部長は「子どもとラグビーを知らない人」まで、いろいろな人にファンゾーンに来てもらい、一緒に応援して楽しんでください」と話しています。

<調布・府中も盛り上がり「ラグビーボールオムライス」も>

一方、開催会場となる調布市・生活文化スポーツ部の小林達哉担当部長は「今年に入って1つの航空に機運が高くてきた。あちこちで期待する声を聞く」と話しましょう。また「家から近く、スポーツ観戦が好きなので、興味ある。子供たちのうちちょっといい季節なので、行けたらいいと思ってる」「どういう形であれ、応援したい」など、盛り上がったときの喜びです。ています。

トップ2 2チームがある府中市でも、大会に向けた盛り上がりが見られます。市内のホテルでは、ラグビーカップにちんたん限定料理が提供されています。ホテルの会議より盛り上がりました。ホテルの蔵下恵美さんは「元素がこれから盛り上がるというタイミングで、先発するのが大事だと思って販売を始めました」と話しました。と話します。そして、3月からラグビーボールの形をしたオムライスの提供を始めました。ます。

楕円形のラグビーボールをかたどったオムレツの横には、グランドの芝生を府中産の小松菜で表現しています。蔵下さんは「ワールドカップが終わるまでは間違いなく提供すること、「ラグビーの時期」です。 』なので、これが定番商品になるように頑張って販売していたい」と話しています。ホテルではラグビーを盛り上げるため、これからも新メニューを開発しています。

再生回数:1553088191
高評価数: 5 低評価数: 0
検索キーワード:ラグビー

投稿日時:2019-03-20 13:23:11

ビデオID:BnprCgVoT6g

投稿チャンネルID:UC4dQUfQeA-Jy2T_C-Jdf5rw

ソース元動画はコチラ

1 comment

Add your comment

Your email address will not be published.