【スーパープレイ】伝説の名プレイ松尾雄治さんの目黒高校時代が凄すぎる

僕が若い頃、松尾雄治と言えば神でした。
神の高校時代がありにも凄まじい!
びっくりしました。

★BGM〜

★BGM〜

再生回数:1424088851
高評価数: 80 低評価数: 18
検索キーワード:ラグビー スーパープレイ

投稿日時:2015-02-16 12:14:11

ビデオID:1HXIYzAmQJU

投稿チャンネルID:UCtr28u6ICl1tuzBzFiF1YWw

ソース元動画はコチラ

6 comments

  • Tony Kato 1年 ago

    現役の松尾選手は全く知らない世代ですが、メンタル、技術、リーダーシップ全て含めて歴代NO1の日本ラグビープレイヤーだと自分は思います。
    古い映像ですが、松尾選手の動きは圧倒的に違いますし声出してる映像も良く見かけます。まるでNBAのジョーダンが弱小チームを引っ張って優勝したのと近いもんを感じます。

    Reply
  • 大河原源三郎 1年 ago

    松尾は、頭はバカだったけどラグビーでは天才だった。

    Reply
  • Akii Oguni 1年 ago

    そんな高校時代とは、知りませんでした。ここで言われていることが事実だったとすると、梅木監督の指導をどのように評したらいいのか、解りませんね。全く、授業にも出ない? そういう常識外れは、論外のことですからね。それで勝っても、誇れるものではないと思えるし。

    Reply
  • Akii Oguni 1年 ago

    「成城高校から目黒高校に転校」ではなくて、「成城学園」から目黒高校に移ったのが、正しい。

    Reply
  • 加藤聡 《katosato8》 1年 ago

    よくぞアップしてくれました。
    釜石時代は幾つかのVTRはあるものの、このVTRは「人はなぜ強くなければならないか」の本の一部を
    見ているようでした。
    ありがとうございます。

    チャンネルも登録させていただきました。
    差支えなければ、相互をぜひお願いいたします。

    (๑•ω•́ฅ✧︎

    Reply
  • 梅田太郎 1年 ago

    松尾さんの高校時代のエピソードは初めてです。
    ご本人もあまり語られなかったのではないでしょうか。
    常に花のあるプレイヤーであった松尾さんですが、
    その根底にこの血と汗のど根性時代があったんですね。
    私も高校時代、ラグビー部でそれよりずっと厳しくない
    環境で逃げ出したい思いになりました。
    その翌年の正月。(昭和51年)
    対早稲田大学戦で 超ハイパントと変幻自在に動く
    スタンドオフで明治大学を勝利に導いた選手に
    魅了されました。
    それが松尾雄治さんでした。
    松尾さんのハイパント攻撃ー重量フォワード突撃攻撃
    この攻撃方で、でその年の日本選手権で三菱自工京都
    を大差で破って日本一になる明治を観て、私のラグビー
    に対する想いはは大きく変わりました。
    それまでの スポーツ刈り、はちまきのラガースタイルから
    長髪、流れるような華麗なステップ、正確なキック、
    一人の人間が試合を創るというこの変革を成し遂げた
    松尾さんは今でも日本ラグビーの雄だと思います。

    Reply

Add your comment

Your email address will not be published.