フィジカルテクニック|ラグビー|タックルの位置エネルギーの利用

フィジカルテクニックとは、解剖学や運動学、バイオメカニックス、スポーツ科学、そしてそれ以前の武術などの要素をまとめて、何のために使われるのか使い方を12のポイントから構成されています。トップスポーツ選手が自然と使っていて、今までセンスと言われているものを言語化し、練習可能なものになりました。

フィジカルテクニック12のポイント
力みのない姿勢2.位置エネルギー3.コアからの起動4.ナンバーの動き5.踵を踏む6.バンを使う7.股関節コントロール8.T4ドライブ9.脇を使う10.ベクトルを与えてない11.力の連動12.相手との関係性

セミナーでは上記12のポイントのチェック方法、感覚をつかむためのワーク、強化していくエキサイザーを実技を通して進めています。ラグビーやアメリカンフットボールでいけではないですね。でもわかるように構成しておりますので、トレーナーだけではなく指導者や選手の方にもオススメです。パワーだけでなくフィジカルテクニックを身につけることで、怪我をしながらたくさんになりますので期待します。 。

詳しくはこちら

再生回数:1550572006
高評価数: 0 低評価数: 0
検索キーワード:ラグビー タックル

投稿日時:2019-02-19 10:26:46

ビデオID:MNd0opa7eGA

投稿チャンネルID:UCK_kEbRcq-Zh-veA9522vUA

ソース元動画はコチラ

Add your comment

Your email address will not be published.