ラグビーW杯予約「日本vs韓国」伊藤剛臣のキックフリータン

2002年夏、第5回ラグビーW杯予約として行われたオーストラリアでの韓国戦。
「スピードアタック」を掲示して挑戦だが向井ジャパンは韓国を一蹴して予突破れ。
途中出場の伊藤剛臣選手(現釜石シーウェイブス)が大活躍!

再生回数:1349394115
高評価数: 58 低評価数: 1
検索キーワード:ラグビー wカップ

投稿日時:2012-10-04 23:41:55

ビデオID:XpvvOnrdXhE

投稿チャンネルID:UCOl2-lZ-kZqR6O5mNFRUxcA

ソース元動画はコチラ

6 comments

  • 大河原源三郎 2年 ago

    ラグビーも予選ってあるんだ。
    中東、アジアの国々は、ほとんどラグビーをやらないからね。
    やるのは韓国くらい?そういう意味ではマイナースポーツだよね。

    Reply
  • horiessence 2年 ago

    この時代と今のルールの違いは、この試合の大勢に影響が出るほどでは無いと思う。
    スクラムからの5メートルバック等が今のルールにあるけど、仮に当時それが採用されてたとしても、韓国相手なら闘い方を大きく変える必要は無かったのではないかと。

    Reply
  • horiessence 2年 ago

    ラックが少ないのは、韓国のディフェンスが弱い分、ラックを作らなくてもボールを繋げたから。
    この年のワールドカップでは、相手が全て格上やったから、ラックはもっとあったよ。

    Reply
  • hiro Ed 2年 ago

    球出しのタイミング最高!SHGJ!

    Reply
  • syouwagei 2年 ago

    ラグビーはやはり昔のルールの方が面白いですね

    Reply
  • TEN MACHINO 2年 ago

    強い!今の日本代表とは違う強さがあるな。

    Reply

Add your comment

Your email address will not be published.