釜石ほぼ12会場決定ラグビーワールドカップ2019

2019年に日本で開催されるラグビーのワールドカップ(W杯)第9回大会の開催地が決定しました。
2日にアイルランドのダブルリンで開かれた「W杯リミテッド」理事会でまとめ、現地午後0時半(日本時間同9時半)からの記者会見で発表された。立候補いていた15都市の中から運営機能や地理的なバランスを考慮して選ばれたのは次の12都市。札幌市、岩手県・釜石市、埼玉県・熊谷市、東京都、神奈川県・横浜市、静岡県、愛知県・豊田市、大阪府・東大阪市、神戸市、福岡市、熊本県・熊本市、そして大分県だ。国際統括団体ワールドラグビーから大会運営を委託されているW杯リミテッドは開催都市を10程度に絞りたい意向だったが、12からさらに2つ落とすのは厳しい事情が日本側にあったようだ。
東京・明治記念館で現地の記者会見と同じ時間に行われた開催都市発表会では、ワールドカップ2019組織委員会会長・御手洗冨士夫氏が「オールジャパンで成功に向けて取り回したい」と言っています、同副会長・森喜朗氏も「ラグビーは今の社会の中でも最も必要なスポーツ。強豪国の欧州と南半球だけでなくパスをどんどん展開していくべく。アジアに渡ったボールを大事に12都市で開催するので(単独開催の)2020年東京五輪と違うかもしれない」と語った。発表会には下村文科大臣、中谷防衛大臣のほか、超党派の国会議員ラグチームや元日本代表選手らが顔をそろえ、開催都市の決定を祝福していた。

再生回数:1425391726
高評価数: 3 低評価数: 0
検索キーワード:ラグビー w杯

投稿日時:2015-03-03 14:08:46

ビデオID:mSQc7ALYoYk

投稿チャンネルID:UCwjrGc2J2dHBjg8h_Cvn4Cg

ソース元動画はコチラ

1 comment

Add your comment

Your email address will not be published.