ラグビーワールドカップ運営を支援ボランティア説明会福岡市(19/02/11 18:00)

2019年9月、日本で初めて開催されるラグビーワールドカップ日本大会、福岡会場の大会ボランティアへの説明会が初めて開かれた。

福岡市の中央区役所前にある博多やまきき小僧は日本代表のユニフォーム姿でラグビーワールドカップの盛り上がりに一役買っている。

福岡市では3試作が予定されているが、11日午後、開かれた大会ボランティアの説明会には、18歳から75歳までの男女性人ありが参加し、それれれ自己紹介し、競技について説明を受けたらした。

ラグビーワールドカップ日本大会の大会ボランティアにはこれまでの大会でも最も多い3万8千人を超える応募が全国からあり、このうち1万3千人が採用された。

福岡会場では約定人のボランティアが大会期間中、試着会場で客席の案内や運営のサポートをすることになる。

再生回数:1549881935
高評価数: 1 低評価数: 0
検索キーワード:ラグビー wカップ

投稿日時:2019-02-11 10:45:35

ビデオID:dZ2PA1STCLk

投稿チャンネルID:UCZ0U1AoJOKVdlejhjUU1fBg

ソース元動画はコチラ

Add your comment

Your email address will not be published.